噛む健康
噛む習慣を身につけよう
噛むことの調査実験(神奈川県歯科大学、斎藤滋 教授調査)

神奈川県下の小学生低学年児童を対象に、学校給食を食べるときの噛む実態調査をしたところ、噛む機能が驚くほど低下している児童たちの実態が明らかになりました。
食生活が柔らかい食べ物に偏り、よく噛んで食べる習慣を失った子供たちに、噛む食生活環境への急速な改善が必要と警告しています。

調査実験をみてみよう! 噛んだ回数と人数の分布
給食の噛む回数は700回以下
咀嚼回数ガイド
給食のメニューと噛む回数

食の復元
現代人の「顎」に赤信号。よく噛むことを忘れた食生活が、卑弥呼から現代人までの復元食実験で証明されました。「噛む」ことは、口の中を清潔にして歯や顎の組織の新陳代謝を高め、からだ全体を健康に保つ大切な働きがあります。ガムをよく噛む習慣を日頃から身につけましょう。
食の復元
復元食メニューをみてみよう!
animガムは1枚で550回も噛んでいるよ。

Copyright(c)2001 Chewing gum association of Japan.