チューインガムの基礎知識
チューインガムの歴史
ここではチューインガムの歴史について紹介しておるぞ

(1)チューインガムはメキシコで生まれました。
▲マヤ文明の遺跡
チューインガムの発祥は西暦300年ごろ(日本の大和時代末期ごろ)メキシコ南部からグァテマラ、ホンジュラスなどの中央アメリカに住んでいたアステッカ族、マヤ族にその源を求めることができます。
当時、同地方一帯にサポディラと呼ばれる巨木が生えていましたが住民はこの木の樹液のかたまりを噛む習慣を持っていました。この樹液のかたまりがチクルと呼ばれ、今日のガムの元祖となったものです。
(2)メキシコインディオからスペイン系移民へ。
▲チクル採取
繁栄を誇ったマヤ文化は西暦800年ごろ(奈良の大仏が完成したころ)を頂点として衰退していき、16世紀(日本の種子島に初めて鉄砲が伝来したころ)スペインが同地方を征服したころには、ほとんど姿を消してしまいました。しかし、私たち人間の「咀嚼本能」に根ざすチクルを噛む習慣だけはメキシコインディオに引きつがれ、さらにスペインの侵略後には、スペイン系移民の間にも広がっていきました。
▲ハッカやニッキなどが加えられてガムは全世界に普及しました。
(3)アメリカから世界へ。
西暦1860年(幕末のころ)アメリカとメキシコの戦争で活躍した、サンタ・アナ将軍がチクルからゴムを製造しようと考え失敗しました。しかし、素敵な噛み心地と歯を白くする性質に気づいた将軍は、甘味料などを加えないチクルを飴玉状にして売出しました。その後、将軍の協力者が甘味料を加えアメリカで売出し爆発的な人気を得たのち、ハッカやニッキなどが加えられ世界に普及していきました。
▲日本で初めてのガムの広告
(4)日本のチューインガム。
日本にチューインガムが初めて輸入されたのは大正5年で、昭和3年ごろマサキガム、新高製菓などが国産ガムの製造販売をしました。しかし、当時の食習慣などに合わず、あまり売れませんでした。
第2次大戦中、アメリカ軍の携帯食糧にチューインガムがありました。昭和20年の終戦と同時にアメリカ軍のチューインガムは、新しいファッションとして急速に日本人の間に浸透し、生活の洋風化とともに愛好者を急増させました。

Copyright(c)2001 Chewing gum association of Japan.