文献

※1 内田安信:
口臭患者の動向とその治療.日歯医師会誌 32:698~705,1979.
※2 内田安信:
口臭症.水曜カンファレンス〔関東心身症診断基準研究会覚え書],小玉株式会社.東京,89~93頁,1984.
※3 荻野経子,他:
自臭症患者への対応について.日歯心身 5(1):42~47,1990.
※4 川口陽子,他:
「口臭についての質問票」の臨床統計的検討.日歯心身 7(2):134~140,1992.
※5 内田安信:
口臭として表れた“心”とその対応.日歯評論 590:93~100,1991.
※6 角田正健,他:
チューイングガムの口臭抑制効果 Gas Chromatographによる判定.日歯周誌 21(1):78~84,1979.
※7 角田正健,他:
チューイングガムの口臭抑制効果 Gas Chromatograpbによる判定(第2報).日歯周誌 25(4):850-856,1983.
※8 和久田恭一,他:
口臭患者の臨床的研究 第1報 防臭剤フラボノイドの検討.日口外誌 29:2533~2534,1983.
※9 角田正健,他:
銅クロロフィリンナトリウムの口臭抑制効果.日歯周誌 23:490~498,1981.
※10 石川久史,他:
ムタステイン入り歯唐きガムについて.食品工業 29(24):51~64,1986.
※11 大熊浩,他:
ケンポナシ(Hovenia dulcis Thunb.)抽出物含有ガムによる飲酒後のアルコール臭除去効果.日歯心身 9(2):213~217,1994.

Back



Copyright(c) 2001 Chewing gum association of Japan.