3.考察

口臭原因物質として,揮発性硫化物である硫化水素(H2S),メチルメルカプタン(CH3SH),ジメチルサルファイド((CH3)2S)が知られている。一方,植物抽出エキス,とりわけフラボノール類,有機酸,アミン類などが,消臭物質として一般に知られている。そのなかでも,緑茶フラボノイドやクロロフィル※9は口臭抑制効果が高いとされている。フラボノイドの作用機序※8としては,1)フラボノイド・タンニンのフェノール基とNH基との結合,2)フラボノイドとSH基,NH基との縮合,重合,付加反応,など化学的・物理的な作用が複合的に起こると推定される。クロロフィルの作用機序※10は,1)蚤白分解過程におけるSH基との結合,2)CH3SHやH2Sとの反応(物理的・化学的吸着)による脱臭効果であると推定される。

ガムチューイングによる口臭抑制効果の作用として,1)歯面清浄効果,2)唾液の分泌促進,3)精神的緊張の緩和などが挙げられている。なかでも,香料,糖分などを一切含有しないコントロール群と比較して,含有しているものは口臭抑制効果が長時間であったことより,味覚による唾液分泌量増加は重要な要素ではないかと報告されている※6。加えて,上記のフラボノイド・クロロフィル添加ガムのロ臭抑制効果は,すでに角田らが報告※7しているが,香料,フラボノイド,クロロフィルなどの無添加のコントロール群と比較して,明確な口臭抑制効果を認めている。さらに,口臭抑制にもっとも効果的な,フラボノイドとクロロフィルの添加量を検索する必要性を示唆している。

口臭を判定する方法としては,パネルによる官能検査法やガスクロマトグラフなどが知られているが,官能検査法はその判定が主観的であり普遍性に欠けるという短所を有している。一方,分析機器による分析は,特定物質の検出には優れているが,臭いの総合評価は不可能である。本実験は,ガムチューイングやコーヒー飲用による餃子臭の除去効果を調査したもので,さらに,今回提供をうけた特ガムは,消臭成分とともに香料にも改良が加えられているため,不快な臭い(餃子の臭い)の減少のみならず,よい臭い(ガムの香料,コーヒーの臭い)の増加にまで評価の幅を拡げる必要があると思われた。すなわち,コーヒー,Fガム,特ガムにおいて口臭除去効果は認められたが,コーヒーの芳香性やガムの香料の効果も無視できないと考えられた。以上のことから本実験の評価には官能検査法を用い,日常生活においてもより現実的な方法であると考えられた。

コーヒーと,Fガムの口臭除去効果を検討し,次に,従来のFガムに,最近消臭効果が注目されている紅茶フラボノイドとケンポナシを加え,緑茶フラボノイドのカテキン含量を10倍に増やし,香料に改良を加えたフラボノイド入りガム(特ガム)を用い,Fガムとの口臭除去効果を比較した。また,特ガムの効果的なチューイング法を検討すべく,水で含嗽後の特ガムチューイングを試みた。

1.コーヒーとFガムの比較

コーヒー,Fガムともに口臭除去効果が認められたものの,コーヒーと比較してFガムに高い口臭除去効果が認められた。コーヒーには,洗口効果,その芳香性によるマスキング効果などが認められるが,消臭作用がない点でFガムに劣ったものと考えられた。

2.Fガムと特ガムの比戟

Fガム(クロロフィル1%,緑茶フラボノイド1%含有)に比較し,特ガム(クロロフィル1%,緑茶フラボノイド+紅茶フラボノイド1%,ケンポナシ抽出物1%含有)に高い口臭除去効果が認められた。特ガムには,Fガムには含まれていない紅茶フラボノイドとケンポナシ抽出物という消臭成分が追加されているからと考えられる。ケンポナシ抽出物含有ガムには,呼気中のアルコール濃度,および官能評価におけるアルコール臭を有意に低下させたという報告※11がある。さらに香料に関しても改良されているが,前述した香料による唾液分泌促進作用やマスキング効果も考えられた。

3.特ガムのチューイングのみの場合と含嗽後チューイングした場合の比較

水で含嗽後チューイングしたほう(「水+特ガム」)が,食後そのままチューイングした場合(「特ガム」)より,口臭除去効果が有意に高かった。それは,水での含嗽という機械的清掃によって,餃子の残渣が口腔内から減少したために,特ガムの消臭作用や香料がより効果的にはたらいたためと推定される。

また,「餃子」「コーヒー」「Fガム」では,直後から15分後へと口臭は軽減傾向にあった。これは,餃子の不快な臭いが時間とともに消失することを示している。「特ガム」「水+特ガム」は,直後のよい臭いから経時的によい臭いが減少傾向を示した。特に「特ガム」は5分後のどちらでもないを境によい臭いから不快な臭いに移行した。すなわち,消臭効果の持続時間は.5分間であった。不快な臭い,よい臭いのいずれの場合も,口臭は時間とともに消失するということを示していると考えられた。しかし,水での含嗽を行うと,特ガムは15分後でもよい臭いを維持した。

自臭症患者は,口腔乾燥感や粘稠感などの唾液についての自覚症状が多いことが調査※4されている。それら口腔内不快症状と口臭とを結び付けていることが多いことから,口腔内不快症状を少なくしていくことが,治療の上で重要であると考える。その点,ガムチューイングは,唾液分泌量増加,咀嚼による精神的緊張の緩和,香料による爽快感などの点で有効であると思われる。さらに,そのガムの口臭除去効果が実験的に認められているならば,患者の精神面に与える影響は大きいといえる。フラボノイド・クロロフィル添加ガムにはさまざまな効果の可能性があると示唆された。
Top

BackIndexNext



Copyright(c) 2001 Chewing gum association of Japan.