1.はじめに

古代ギリシャでは歯や口の中をきれいにするためにマスティツクの樹脂を噛み、中南米に住んでいたマヤ族は約3,000年前からサポディラの樹液を固めて、歯や歯茎を丈夫にするために噛んでいたといわれている。このようにチューインガムの起源は咀嚼力の強化や口腔内の浄化にあるが、これを科学的な研究により、噛むという行為が人間にとっていかに大切であるかを初めて証明したのがコロンビア大学のH・L・ホーリングワース教授である。※1

咀嚼は、全身的な自立神経系の反応を伴い代謝活動が増加し、また口腔内組織が刺激を受け、唾液が分泌されて口中が浄化されたり、口腔内組織や脳への血流変化を生じさせる。

このように、チューインガムには本来の噛むという機能によって、図1に記した多くの効用性が現在までに立証されている。系統的には生理面、心理面の賦活と口腔内機能の二つに大別されるが、このチューインガムの咀嚼による本質を活かし、さらに効能性を高めるために機能性素材を添加することによって各々の品質特性を推しだした各種効能ガム商品が上市されている。

本稿では、はじめにガムの咀嚼による顎の発育への影響、口腔内および脳、生体系へ及ぼす影響などについて最近まで明らかにされた内容に触れ、つぎに各種機能素材を利用した効能ガムについて述べる。

IndexNext



Copyright(c) 2001 Chewing gum association of Japan.