1.はじめに

列車運転中の眠気防止は重要な問題である。特に深夜から早朝にかけての列車運転は,既日リズムからみて心身機能が低下する時間帯にあるため,昼間よりも眠気を一段と催し易いと考えられる。また運転を長時間続けた場合の心身の疲労と単調感も覚醒を保持しようとする努力を低下させるため,眠気を促進する要因になると考えられる。

運転士は,眠気防止の手段として,それぞれ自分なりの対策を試みているが,特に有効な手段はないといっている。従って,各種眠気防止策の覚醒効果を明らかにすることは,眠気防止対策を確立するうえで重要であると考える。

我々は,皮膚電位水準とまばたき回数などのデータの合成値を用いた覚醒レベルの評価方法を提案し(倉又ら,1993),それを用いて各種眠気防止の諸手段を実施した時の覚醒レベルの持続効果などについて報告してきた(倉又ら,1994)。

これらの研究成果のうち,ガム咀嚼による覚醒効果についての実験では,一過性の覚醒効果は大きいが,そのまま咀嚼を続けても急速に覚醒効果は低下する結果となっていた(倉又ら,1994)。しかし,遠藤ら(1982)は,実験的なバス走行時において市販ガムの咀嚼でも覚醒効果のあることを報告している。

上記の事実とともにガムは簡単に扱えて実用的であることを考えると,覚醒レベル持続効果のあるガムが得られるならば,列車運転時における覚醒レベル維持に有効な手段になると考えている。

そこで,より大きな覚醒効果が期待される数種の成分と特有な味覚を持つイチョウ葉エキス,菊花エキスを加えた特製ガムの覚醒効果を検証することを目的に,実験的に覚醒レベル持続効果について検討を行った。その結果,特製ガムは高い覚醒効果があることが明らかとなり,既に報告した(塚本ら,1994)。

今回は,ガム咀嚼による覚醒効果の研究の一環として,既に実験室実験において覚醒効果が明らかになった特製ガムについて,実際の列車運転時における眠気防止効果を確認することを目的に,鉄道運転士を対象にアンケート調査を実施したので,その結果を第2報として報告する。

IndexNext



Copyright(c) 2001 Chewing gum association of Japan.